/

この記事は会員限定です

牧師拘束巡り米強硬 関係改善へ糸口見えず

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】トルコの通貨リラの下落の背景となっている米国とトルコの関係悪化は泥沼の様相を見せている。中間選挙をにらみ、トランプ米政権内では米国人牧師の解放に向けた強硬策に異論は少ない。トルコも圧力に対抗する姿勢を崩しておらず、関係改善の糸口が見えない。

10日に打ち出した鉄鋼とアルミニウムへの追加関税について、トランプ氏はリラ下落による輸入品の価格低下を考慮したと説明したが、実際にはト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン