/

この記事は会員限定です

東芝、米LNG事業売却へ

10社と交渉 残る「負の遺産」分離

[有料会員限定]

東芝が米国の液化天然ガス(LNG)事業の売却交渉に入ったことが10日分かった。国内外のエネルギー関連の10社程度が関心を示しているもようだ。経営危機の最悪期を脱した東芝にとって米LNG事業は残る最大のリスク要因で、一時は最大1兆円の損失も懸念された。切り離しに成功すれば、経営の重荷となってきた一連の負の遺産が整理される。(関連記事総合6面に

米テキサス州で手がけるLNG基地事業について、このほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン