/

この記事は会員限定です

課題解決へ実験、関西で広がる 自動運転バスやテレワーク

[有料会員限定]

先端技術を使った実証実験には大阪以外も注目している。地域には公共交通の確保や子育て、産業育成といった課題が山積。実験で生まれた製品やサービスを問題解決につなげる狙いがある。

大津市は京阪バス(京都市)と連携、2019年に自動運転バスの実用化を目指して実験を行う。運転手不足を解消したい同社と地域交通を維持したい同市の思惑が一致。京都府京丹後市も過疎化対策としてライドシェアやテレワークなどの実証実験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン