2018年12月14日(金)

大手損保、豪雨で保険金1500億円
台風以外で最大 水災補償の加入率は低く

2018/8/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

200人以上の死者を出した西日本豪雨で被害を受けた建物や自動車の保険金支払額が大手損害保険3グループで約1500億円に上る見通しとなった。台風ではない豪雨を中心とした風水害では過去最大規模とみられる。広範囲に及ぶ浸水で建物や工場設備などの被害が膨らんだ。今後の調査で支払額はさらに膨らむ可能性もある。

東京海上ホールディングス(HD)、MS&ADインシュアランスグループHD、SOMPOHDの3社の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

主要生保、5社増収 4~6月[有料会員限定]

2018/8/11付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報