/

この記事は会員限定です

蜂と蟻に刺されてみた ジャスティン・O・シュミット著

果敢に毒に挑む知的探究心

[有料会員限定]

「乾杯」をご唱和するとき、お互いのグラスをぶつけ合うのが定番となっている。なぜ人は、ただでさえ割れやすいグラスをぶつけ合うのか? 一説によると、毒殺が流行(はや)った中世ヨーロッパでは、相手の酒に毒を入れていないことを証明するため、お互いの酒を混ぜる目的でグラス同士をぶつけてから飲んでいた名残(なご)りなんだとか。そう、古来、人類は毒の恐怖に怯(おび)えながら生きてきた。誰しもが恐れる毒に勇猛果敢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン