2018年8月20日(月)

ビジネスTODAYメルカリ「フリマの次」選抜
上場初決算で赤字拡大 旅行・金融に注力、ダメなら即撤退

2018/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 フリーマーケット(フリマ)アプリのメルカリは9日、6月の東証マザーズ上場後初めてとなる2018年6月期の連結決算を発表した。米国への先行投資がかさみ、最終損益は70億円の赤字(前の期は42億円の赤字)となった。浮かび上がったのは国内のフリマ事業に依存する収益構造だ。決済など新規事業を育てる一方で、伸びないサービスは相次ぎ撤退するなど、早くも事業の選択と集中に乗り出している。

 「メルカリのゴールは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報