/

この記事は会員限定です

米企業、好況で24%増益 4~6月

日欧アジアも1~2割増 貿易摩擦、年後半に懸念

[有料会員限定]

米国をけん引役に、世界の企業業績が拡大している。米主要企業の2018年4~6月期の純利益(金融含む全産業)は前年同期より2割強増えた。大型減税や好景気を両輪に、資源や金融など幅広い業種が稼ぐ。4~6月期は日本やアジア、欧州も1~2割の増益となった。好調な企業部門が株高につながる構図だが、米中貿易摩擦で18年後半は予断を許さない状況だ。

トムソン・ロイターによると、米主要500社の4~6月期の純利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン