静岡市興津 あん菓子根付く 甘さ控えめ あん配よく

2018/8/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

まんじゅう、たい焼き、和風パフェ――。欠かせないのがあんだ。旧東海道の景勝地、薩●(つちへんに垂)(さった)峠に近い静岡市興津地区はあんの町。明治時代に同地出身者が製あん機を開発し、近代製あん業発祥の地となった。このため、あんを使った様々なスイーツが町の魅力となっている。

代表格が潮屋の「宮様まんぢう」。甘さを抑えたあんの入った小ぶりの白いまんじゅうだ。明治時代、皇太子だった大正天皇が興津で静養…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]