/

この記事は会員限定です

九電、10件で実証実験 スタートアップと事業創出

高齢者見守り/外国人人材紹介

[有料会員限定]

九州電力が、新事業の創出に向けてスタートアップとの実証実験を本格化している。センサーを通じて遠隔地に住む高齢者の生活状況を把握したり、九州企業に外国人人材を紹介したりするサービスなど計10件に着手。事業化できるか2018年度中に評価する。電力小売りの全面自由化などで本業の競争が厳しくなる中、社外のノウハウを取り込み新たな収益源の確立を急ぐ。

先行して3件の実証実験を進めている。7月にスタートしたのは、遠隔...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン