/

この記事は会員限定です

スルガ銀、事前に基準伝達

不正融資、書類の改ざん誘導 企業統治欠如、改めて露呈

[有料会員限定]

シェアハウスを巡るスルガ銀行の不正な融資で、同行の行員が販売業者に融資の審査基準を事前に伝えていたことが分かった。業者はその基準を満たすように、借入希望者の年収や預貯金残高を示す書類を改ざんしていた。第三者委員会の調査で明らかになった。融資を増やすためにスルガ銀が改ざんを誘導していた構図で、同行の企業統治の不全が改めて浮き彫りになった。

外部の弁護士...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン