2018年12月10日(月)

違法残業 45%で確認 17年度 厚労省、立ち入り調査

2018/8/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は7日、2017年度に長時間労働が疑われた2万5676事業所への立ち入り調査で、約45%の1万1592カ所で労使協定の上限時間を超えて働かせるなどの違法な時間外労働を確認したと発表した。このうち74%に当たる8592カ所では、おおむね月80時間超の時間外労働が目安の「過労死ライン」を超えた労働者が確認された。

働き方改革関連法に盛り込まれ、大手企業で来年4月から始まる罰則付きの残業時間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報