/

この記事は会員限定です

スマホで情報提供、渋滞緩和の実証試験

トヨタ、京阪神などで来年

[有料会員限定]

トヨタ自動車は西日本高速道路(NEXCO西日本)と協力し、スマートフォン(スマホ)などによる情報提供で、渋滞緩和をはかる数千人規模の実証試験を2019年に実施する。高速道路を走るドライバーに渋滞緩和につながる行動を促す。従うとポイントがたまる方法などを試して、多くの人が従う仕組みを探る。20年度内に実用化のめどを付ける。

試験するシステムは、登録したドライバーにスマホの音声案内などで交通情報や渋滞緩和につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン