愛知道路運営の有料8路線、課題解決へオープン化 企業・大学の技術で効率化

2018/8/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

前田建設工業が筆頭株主の愛知道路コンセッション(ARC、愛知県半田市)は、運営する愛知県内の有料道路8路線をオープンイノベーションの拠点として活用する。道路の運用に関する課題を一般公開し、企業や大学などが持つ、課題解決に資する技術を募集。実証実験に有料道路を使ってもらう。優れた新技術を積極的に取り入れ、運営の効率化につなげる。

ARCは「愛知アクセラレートフィールド」と名付けた枠組みを設ける。例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]