/

この記事は会員限定です

AIで熱中症予防 ヤフーなど実験

起きやすい地域予測

[有料会員限定]

ヤフーは東京都と共同で人工知能(AI)を使って熱中症を予防する実証実験を始めた。環境省が持つ気温や暑さ指数、ヤフーが保有する混雑情報といったデータを組み合わせ、熱中症が起きやすいエリアなどを予測し、対策を打ちやすくする。ヤフーは実験の成果を、スマートフォン(スマホ)向けの熱中症予防アプリなどサービス開発に生かす狙い。

今回の実証実験ではイベント会場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン