2018年12月11日(火)

スタートアップ大競争 変わるかニッポン(2) 日本を捨てる 脱ムラ社会で起業

2018/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「リスクが高い」「同じような企業が失敗している」――。連続起業家の加藤崇氏(39)には、ほろ苦い思い出がある。2012年に研究者とともにヒト型ロボット開発のSCHAFT(シャフト)を創業。資金調達の交渉に動いても国内投資家から相手にされなかった。

シャフトに目を付けたのは太平洋を挟んだ米西海岸のグーグル。13年にシャフトをグーグルに売却した加藤氏が次の起業の拠点として日本をあきらめ、米国を選んだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報