/

この記事は会員限定です

大塚家具 40億円赤字

今期、旗艦店中心に販売減

[有料会員限定]

業績不振が続く大塚家具は2018年12月期の最終的なもうけを示す単独最終損益が約40億円の赤字(前期は72億円の赤字)となりそうだ。13億円の黒字との従来予想から一転、3期連続の赤字となる。都内の旗艦店を中心に家具の販売が落ち込んでいる。同社は3日に今期予想について「下方修正を見込んでいる」としていた。早ければ7日にも修正を発表する。

売上高は1割減の350億円強、本業のもうけを示す営業損益は約50億円の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン