青い空へ鎮魂の祈り 広島「原爆の日」
亡き叔父の表情、脳裏に 被爆者代表の井上さん

2018/8/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

73年前と同じ澄み切った青空が広がり、広島の街全体が鎮魂の祈りに包まれた8月6日の「原爆の日」。被爆者は戦争の悲惨さを伝える大切さを見つめ直し、子や孫は平和への思いを受け継ぐ決意を新たにした。平和の鐘が鳴り響く中、記念式典に参加した人らは核兵器のない世界が訪れることを願いつつ「二度と惨禍を繰り返さない」と誓った。(1面参照

広島市の被爆者代表に選ばれた井上エミ子さん(79)は喪服姿で式典に出席…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]