/

この記事は会員限定です

株・債券・不動産・金…バランス投信に勢い

1~7月7900億円流入、貿易摩擦でリスク分散

[有料会員限定]

株や債券、不動産や金など複数の資産で運用する「バランス型投資信託」に資金が流入している。2018年は1~7月累計で約7900億円が流入し、17年の年間実績(約8200億円)に迫る勢いだ。バランス型投信は分散投資の効果が期待でき、中長期の運用に向くとされる。積み立て投資などで資産を形成したい個人投資家の受け皿になっている。

三菱アセット・ブレインズのデータを元に、国内の1137本のバランス型投信に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン