/

この記事は会員限定です

航空機エンジン、上昇気流

アジアの旅客需要が追い風 市場は海外勢主導

[有料会員限定]

航空機エンジン市場の拡大が続いている。アジアを中心とした旅客需要の拡大を背景に航空機市場が今後、大きく成長するためだ。米ゼネラル・エレクトリック(GE)など海外の3大メーカーがエンジン市場を占有する。日本勢は共同開発パートナーで存在感を高めているものの、ビジネスや開発の主導権は3大メーカーが握っている。

日本航空機開発協会の2018年から37年までの航空機需要予測によると、運航機数は37年に17年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン