/

この記事は会員限定です

向精神薬の悪用、政府が監視強化

性犯罪や強盗頻発で

[有料会員限定]

政府は4日までに、抗うつ剤や精神安定剤など向精神薬の悪用を防ぐため、監視強化を柱とした「第5次薬物乱用防止5カ年戦略」を策定した。

厚生労働省によると、向精神薬を用いる性犯罪や昏睡(こんすい)強盗などが頻発していることから、不正な売買や目的外の使用を防ぐため、医療機関や薬局、取扱業者への立ち入り検査や監視の徹底を盛り込んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン