/

この記事は会員限定です

米中摩擦、波及リスク

スマホ関税発動なら打撃

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大塚節雄】巨大企業の存在感をみせつけたアップル。だが巨大だからこそ深刻な問題もはらんでいる。

米調査会社イーベストメントによると、米大型株の成長株ファンドのうち、今年1~3月時点で75%がアップル株を保有する。アルファベット(グーグルの持ち株会社)は91%、アマゾン・ドット・コムは76%に及ぶ。投資総額に占める割合は、3銘柄の積み上げで1割を超える。

時価総額が膨らむにつれ、株価指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン