/

この記事は会員限定です

ユーザー目線で知財制度を改善

特許庁

[有料会員限定]

特許庁は利用者の潜在的な要望を具体化して、製品やサービスの魅力を高める「デザイン思考」の運営を取り入れる。米アップルやグーグルなども活用している手法で、徹底したユーザー目線で特許などの知的財産制度を見直し、使い勝手の改善につなげる狙いだ。

9日にプロジェクトチームを立ち上げ、庁内からメンバーを公募。トップのデザイン統括責任者(CDO)には、嶋野邦彦特許技監が就く。

デザイン思考は、社会のニーズを利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン