/

この記事は会員限定です

模倣品対策、新品種の権利保護に力

[有料会員限定]

長野県産の市田柿は地理的表示保護制度(GI)に登録され、生産者の権利が保護される見込みだ。一方でシャインマスカットは国などの対応が遅れ、知的財産の保護が間に合わなかった品種の1つだ。既に中国などで模倣品が多く生産されていると言われる。

「長野県産をかたる偽物が海外で流通している」。県内の青果流通会社の幹部は、香港の知り合いから受け取ったメールを見て確信した。添付された写真には、JAの箱に詰められた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン