/

この記事は会員限定です

外相 河野太郎氏

右か左か信念との葛藤

[有料会員限定]

小さい頃から本に親しみ、印象に残るのは国際政治関係が多い。

平塚(神奈川県)の家の隣は本屋さんでした。月々の小遣いのほか、「隣の本屋はツケで買っていい」と父(河野洋平元衆院議長)からお達しがありました。子どものころから本はけっこう読んでましたね。

慶応義塾中等部のときは、平塚から田町駅(東京都港区)まで電車で通いました。1時間半くらいかかり、行き帰りで単行本を読めたりした。図書の会に所属し、図書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン