/

この記事は会員限定です

2020改正債権法(4)法定利率に変動制

3年ごとに水準見直し

[有料会員限定]

民法(債権法)の改正で制定以来見直されていなかった法定利率に関する規定も変わる。法定利率とは、お金の貸し借りなどに際し、契約の当事者間で利率を決めていなかった場合に適用される金利だ。

現在は一般の取引に適用される民事法定利率(年5%)と、事業資金の借り入れなど商行為で生じた債務に適用される商事法定利率(年6%)の2つがある。改正で後者を廃止し「法定利率」を一本化すると同時に、利率を市中金利の変動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン