/

この記事は会員限定です

ダウ・デュポン「専業」で攻勢

統合1年、来年は3社分割 「総合」化学、日本勢に脅威

[有料会員限定]

米国の化学2強が統合して誕生した世界最大の化学メーカー、ダウ・デュポンが誕生して間もなく1年がたつ。2日に発表した2018年4~6月期決算は実質ベースで増収増益を達成した。19年春からは3社に分割し、全社的に一体運営するコングロマリット(複合企業)経営から決別する。規模で勝る「専業」が誕生することで、総合化学を標榜する日本の大手にとっては脅威になる。

「合併から2年で33億ドル(約3660億円)削...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン