/

この記事は会員限定です

アップル時価総額1兆ドル、ハイテク株に恩恵

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】2日の米国株式市場で、米アップルの株式時価総額が米企業としては初めて1兆ドル(約110兆円)を超えた。主力商品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の高価格帯シフトや、周辺サービスで稼ぐビジネスモデルが軌道に乗り、高成長が続くとの見方が広がった。株高はハイテク株全体に波及し、米アマゾン・ドット・コムなども「1兆ドルクラブ」入りが視野に入ってきた。

2日のアップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン