積立金、75%が国の目安未達 全国の物件

2018/8/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大規模修繕工事はマンションの安全と資産価値を守るのに欠かせない。日本経済新聞社の調べでは、全国のマンションの75%で修繕積立金が国の目安とする水準を下回っていた。積立金不足から工事を先延ばしにするケースもあり、マンションの安全性を損なうことにもなりかねない。

国土交通省のガイドラインによると、30年間の均等払いで、15階建て未満は1平方メートルあたり月178~218円、20階建て以上は月206円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]