金融緩和修正、内部にも戸惑い

2018/8/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

我々は緩和の副作用を結局、どこまで配慮するのか。日銀が7月31日の金融政策決定会合で緩和の修正に動くと、決定内容の方針を巡って日銀内部からも翌日、戸惑いの声が上がった。

「政策金利にフォワードガイダンス(将来の指針)を新しく導入しており、明らかな緩和強化の方向だ」「金融機関の副作用のために金利を少し上げるのは緩和縮小になる」――。緩和強化をうたうフォワードガイダンスと、長期金利の上限を引きあげる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]