/

この記事は会員限定です

ウォール街、世代交代 金融危機から10年

ゴールドマン・カーライル… 技術進化に対応、異業種連携急ぐ

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則、大塚節雄】金融危機から丸10年を迎えた今年、米ウォール街で世代交代の動きが一気に進んだ。米銀大手ゴールドマン・サックスを12年間率いたロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO、63)が引退を決めた。投資ファンドの米カーライル・グループでも創業世代が退任した。テクノロジーの進化など金融業界の環境変化は激しい。若返る次のトップには技術の知見が一段と求められている。

「幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン