/

この記事は会員限定です

豪産牛肉 米産より高く

7月末卸値 貿易摩擦 中国で代替需要 さらなる上昇観測も

[有料会員限定]

牛丼やしゃぶしゃぶに使う輸入牛肉の価格に異変が起きている。代表的な米国産の卸値が下がる一方、オーストラリア(豪州)産が上昇して米国産より高くなった。米国産は米中貿易摩擦が影響し、旺盛だった中国の需要が鈍化。代替として豪州産の引き合いが強まったため、価格の逆転現象が鮮明になっている。

ショートプレートと呼ぶ米国産冷凍バラ肉の7月末時点の卸値は1キロ740~750円と、前月比約5%下落した。

豪州産冷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン