2019年8月23日(金)

第一三共、純利益18%減 4~6月、薬の特許切れ影響

2018/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第一三共が31日発表した2018年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比18%減の239億円だった。新薬は好調だったが、主力の高血圧症治療薬「オルメサルタン」が特許切れで低迷した。4月の薬価引き下げの影響を受けて採算も悪化した。

売上高に当たる売上収益は6%減の2257億円だった。欧米で特許が切れたオルメサルタンは33%減収となった。新薬の抗凝固薬「エドキサバン」の販売は69%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。