2019年4月21日(日)

ノット指揮東京交響楽団「ゲロンティアスの夢」 魂の安息伝える流麗な音楽

2018/7/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東京交響楽団が音楽監督ジョナサン・ノットの指揮で、20世紀英国で活躍した作曲家エドワード・エルガーの大作「ゲロンティアスの夢」(1900年)を上演した。

死に直面したゲロンティアスの苦しみを描く第1部では、薄ぼんやりとした響きが魂のあてどない彷徨(ほうこう)を描く。それはロマン派、殊にワーグナーの影響を思わせるが、同時にしっとりとした弦を中心に独特の明るさ、軽やかさも湛(たた)えている。程良くブ…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報