/

この記事は会員限定です

復興・共生 伝える五輪

「チーム萬斎」始動、期待の声 「被災地訪れる契機に」

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの象徴となる開会式、閉会式の演出は、狂言師の野村萬斎さんら日本を代表する8人のエンターテイナーに託された。「平和」「復興」「共生」などのコンセプトの下、2年後にどんな式典が披露されるのか。「世界の人々が被災地に足を運ぶきっかけに」「パラスポーツにも関心を」。早速、関係者からは期待の声が上がった。(1面参照

8人は2017年12月から式典コンセプト検討メンバー。大会組織委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン