イタリア与党極右「同盟」 欧州「愛国派」結集促す 移民問題でEU分断

2018/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】6月に発足したイタリアの連立与党「同盟」が、欧州の極右政党との連携に動いている。サルビーニ党首は2019年5月の欧州議会選挙に向け、各国の「愛国派」を結集させると強調。反移民など看板政策を推し進めるため、欧州連合(EU)で発言力を高める狙いだ。こうした動きが本格化すれば、欧州の分断を深めかねない。

「欧州で同盟の『同盟』をつくる」。7月にミラノ近郊で開かれた集会で、サル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]