/

この記事は会員限定です

「万引き家族」カンヌ最高賞

受賞と公開 2度のピーク

[有料会員限定]

5月20日に是枝裕和監督の「万引き家族」が第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞にあたる「パルムドール」に輝いた。1997年に今村昌平監督作品「うなぎ」が受賞して以来の快挙だ。世界的な映画祭で日本映画が受賞すると人気に火が付くケースは多い。特に今回は日本での公開を目前に控えたタイミングでの発表。短文投稿サイト「ツイッター」でもヒットの予感に沸き立つ声が如実に表れていた。

NTTコムオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン