/

この記事は会員限定です

認知症予防 本当に効果?

経産省、製品検証へ 自治体・企業と枠組み

[有料会員限定]

経済産業省は認知症の予防に使う製品やサービスの効果を確かめるため、自治体と企業が連携して実証する枠組みを作る。認知症を防ぐ機器にはゲーム感覚でパズルを解くといったものが多いが、効果が見えにくい。効果の検証に協力できる自治体を経産省が紹介するほか、専門機関が評価の指標をつくる。認知症を防ぐサービスの健全な育成につなげる。

認知症になる高齢者は、高齢者全体の増加率を上回るスピードで増えると見込まれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン