アステラス株に改革効果 4~6月大幅増益 高値圏で推移 主力薬好調/リストラに期待

2018/7/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アステラス製薬に対する投資家の期待が高まっている。株価は昨年末から約3割上昇し、年初来高値圏で推移する。27日発表した2018年4~6月期決算は前立腺がん治療薬がけん引し、3割近い増益となった。4月に就任した安川健司社長は構造改革を打ち出し、主力薬の特許切れで収益が落ち込む「パテントクリフ(特許の崖)」を乗り越えようとしている。

「安川社長の本気度がアステラス株の買い安心感につながっている」。あ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]