/

この記事は会員限定です

アステラス株に改革効果

4~6月大幅増益 高値圏で推移 主力薬好調/リストラに期待

[有料会員限定]

アステラス製薬に対する投資家の期待が高まっている。株価は昨年末から約3割上昇し、年初来高値圏で推移する。27日発表した2018年4~6月期決算は前立腺がん治療薬がけん引し、3割近い増益となった。4月に就任した安川健司社長は構造改革を打ち出し、主力薬の特許切れで収益が落ち込む「パテントクリフ(特許の崖)」を乗り越えようとしている。

「安川社長の本気度がアステラス株の買い安心感につながっている」。ある国内運用会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン