/

この記事は会員限定です

JR北、施設修繕に充当 国交省400億円支援

非鉄道の収益拡大 経営改善も徹底

[有料会員限定]

国土交通省は27日、JR北海道に対して2019、20年度の2年間で総額400億円程度の財政支援を行うと発表した。鉄道施設の修繕や青函トンネルの維持管理に加え、経営基盤を強化する前向きな設備投資などに充てる。同省は合わせてJR北に行政処分も出し、徹底した経営改善に取り組むよう求めた。

国が示した主な支援策は(1)維持線区の鉄道施設や車両設備の修繕(2)貨物列車の運行に必要な設備投資・修繕(3)青函ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン