2018年11月14日(水)

渋滞予兆を検知、車間距離ゆとり

2018/7/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学 西成活裕教授はトヨタ自動車と共同で渋滞緩和に役立てる自動運転車用システムを開発する。渋滞の予兆を検知して5キロメートル後ろを走る車に伝え、自動で減速して車間距離を空け、渋滞の連鎖を防ぐ。交通量が増す東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年代初頭の実用化を目指す。

高速道路の渋滞は緩やかな坂道で起こる。加速せずに突入すると自然と速度が落ち、後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

オートファジー、動脈硬化予防か[有料会員限定]

2018/7/30付

AI専用スパコン、8月から運用開始[有料会員限定]

2018/7/30付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報