2018年11月19日(月)

財務次官 岡本薫明氏 「存亡の危機」に本命登板

2018/7/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

謙虚で威張らず、敵をつくらない。こんな評判が霞が関で定着し、衆目が一致する「将来の次官候補」と言われ続けてきた。折しも相次ぐ不祥事で地に落ちた組織を立て直すかじとり役を担う。「予算、税を扱う役所が国民や国会から信頼されないのは由々しき事態。財務省の存亡がかかっている」。表情には悲壮感が漂う。

大学在学中に「一企業の利益より、公のために汗をかきたい」と大蔵省の門をたたいた。本流の主計局が長く、公共…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

財務省人事 残る「森友」の影[有料会員限定]

2018/7/28付

首相事務秘書官、4人留任[有料会員限定]

2018/7/28付

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報