/

この記事は会員限定です

2020改正債権法(3)「消滅時効の阻止」再定義

「更新」と「完成猶予」に

[有料会員限定]

ある権利(債権)を行使しないまま一定の期間が経過すれば権利を消滅させる「消滅時効」について、民法は時効による債権の消滅を阻止する仕組みを認めている。義務を履行しない債務者から債権者を守るためで、今回の改正にあたって複雑な用語や定義を分かりやすく見直した。

消滅時効の完成を阻止する仕組みとしては、訴訟など民法で決められた手続きを取った場合、(1)それまでに経過した時効期間を最初に戻して改めて起算す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン