/

この記事は会員限定です

日航、中国東方航空と包括提携

連合の枠超えダイヤ調整

[有料会員限定]

日本航空は中国の航空大手、中国東方航空と包括提携する。これまでの共同運航(コードシェア)に加え、乗客の利便性を高めるためダイヤ調整や営業面の協力まで踏み込む。日航はワンワールド、中国東方航空はスカイチームと航空連合が異なる。日中関係の改善で日本人の中国訪問も回復しつつあり、航空連合の枠を超えて手を組む。

共同運航やマイル事業で協力しながらダイヤ調整まで進めるような水準の高い取り組みは航空業界で共同事業(総合2面きょうのことば)と呼ばれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン