/

この記事は会員限定です

省内、失望・憤り広がる

[有料会員限定]

東京地検特捜部に局長級の国際統括官が逮捕され、文部科学省内には失望と憤りが広がった。

「140万円の接待のために文科省がどれだけのものを失うか、考えなかったのだろうか」とある中堅職員は憤る。

同省は学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題で公文書管理のずさんさが問題になり、24日には受託収賄罪で前科学技術・学術政策局長の佐野太被告(59)が起訴された。

この職員は有志40人とともに25日、組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン