/

この記事は会員限定です

水インフラの参入を推進

政府、円借款拡充

[有料会員限定]

政府は海外で日本企業による水道など「水インフラ事業」への参入を後押しする。経営ノウハウを持つ外国企業が主導する案件でも、日本の部材メーカーが一定の割合で参画すれば、低金利など優遇した条件で対象国に資金を貸し付ける。日本の水道事業は自治体が中心で、世界市場における日本勢のシェアは1%未満。支援を広げてインフラ輸出の拡大につなげる。

27日の経協インフラ戦略会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン