仮想通貨取引4倍以内に 業界団体、証拠金の自主規制案

2018/7/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仮想通貨の業界団体、日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田)は投資家が元手より大きな金額を投資する証拠金取引の倍率を制限する方針を固めた。現在最大で25倍程度の倍率を1年後をめどに「4倍以内」とする。ビットコインなどの仮想通貨は、ドルや円など通常の為替取引に比べて変動が大きい。倍率引き下げで投資家が多額の損失を被るのを防ぐ。

証拠金取引では投資家は手元資金を大きく上回る金額の取引が可能になる。例え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]