/

この記事は会員限定です

AI、表情で性格分析

ソフトバンクなど、採用・研修に活用

[有料会員限定]

ソフトバンクと東京大学は、声や表情から性格や感情を分析するAI(人工知能)を開発した。社員の採用や人事評価、研修などへの活用を目指し、ソフトバンクや東京海上日動火災保険ら8社が年内にも実証実験を始める。面接官など人間に比べて客観的な評価ができるようになるという。

開発したのはソフトバンクロボティクス(東京・港)と東京大学の鄭雄一教授、光吉俊二特任准教授の研究室だ。人間と同様に、ものごとの判断や人間特有の感性な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン