/

この記事は会員限定です

石炭火力の新設規制

経産省方針、小型は事実上禁止

[有料会員限定]

経済産業省は発電効率の低い石炭火力発電所の新設を規制する方針を固めた。年内にも省エネルギー法に基づく告示で、小型発電所の新設を事実上禁じる。石炭火力は二酸化炭素(CO2)の排出量が多く、国際的に撤退や投融資を打ち切る方向にある。政府は非効率火力を増やさない方針を明示し国際社会や投資家に高効率火力を維持することへの理解を求める。

発電量が11.25万キロワット以下の小型は法律に基づく環境アセスメント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン