/

この記事は会員限定です

皇位継承 準備入念に

儀式の事務局、来月発足 トップに異例の次官級

[有料会員限定]

政府は約200年ぶりの天皇陛下の退位に向けた準備に万全を期すため、異例の体制で臨む。8月1日に退位と皇太子さまの即位に伴う儀式の準備を統括する事務局を新設。内閣府と内閣官房が合同で運営する組織とし、事務次官級をトップに専任職員を26人置く。陛下の負担を減らすための儀式の簡素化や、時代に合わせた儀式のあり方などの検討に入る。

事務局長には総務省の山崎重孝自治行政局長が就く。政府関係者によると、特定分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン