2018年12月11日(火)

皇位継承 準備入念に
儀式の事務局、来月発足 トップに異例の次官級

2018/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は約200年ぶりの天皇陛下の退位に向けた準備に万全を期すため、異例の体制で臨む。8月1日に退位と皇太子さまの即位に伴う儀式の準備を統括する事務局を新設。内閣府と内閣官房が合同で運営する組織とし、事務次官級をトップに専任職員を26人置く。陛下の負担を減らすための儀式の簡素化や、時代に合わせた儀式のあり方などの検討に入る。

事務局長には総務省の山崎重孝自治行政局長が就く。政府関係者によると、特定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報